綺麗なお肌になるにはニキビ跡を消す~ツルスベ綺麗な肌~

笑顔の女性

自分で出来るケアの仕方

鏡を見る女性

ニキビの原因

ニキビ跡のケアをする前に知っておくといいのが、ニキビ跡ができる原因についてです。まず、ニキビは毛穴に古い角質や皮脂が詰まることで発症します。ニキビができてしばらくすると、毛穴に詰まった皮脂が押し上げられ、「白ニキビ」になります。そして皮脂が空気に触れて酸化することで「黒ニキビ」に変化します。さらに黒ニキビが悪化して炎症を起こすと最終的に「赤ニキビ」になるのです。赤ニキビを放置すると皮膚に赤みが残ります。赤みは時間がたてば薄くなっていきますが、そのまま色素沈着になって残ることもあります。若いときはすぐに消えますが、年を取ってから赤みが出来るとなかなか消えないので、積極的にケアをする必要があります。

ビタミンCでケア

ニキビ跡の赤みや色素沈着跡、クレーター跡などは、美容皮膚科クリニックなどの医療機関でフォトフェイシャルやレーザー治療などをすればなくせます。自分で治したい場合や、クリニックに行くほど深刻ではない場合は、「ビタミンC誘導体」が配合されたローションがお勧めです。ビタミンC誘導体は、メラニンを還元する、コラーゲンを合成する、皮脂を抑えるなどの効果があり、高級アンチエイジング系化粧品に入っていることが多い定番の成分です。角質層まで浸透するので、肌のハリを復活させたい年齢肌の女性に人気があります。ニキビ跡の赤みを消して肌色に戻す効果や、コラーゲンを増やしてレーターのでこぼこを滑らかにする効果もあります。